Skip to main content
Begin main content
◂ All Articles
 

AGILITY AND SPEED WHITE PAPER SUMMARY PART 1

By Dan Feeney Dan Feeney    Kate Harrison Kate harrison

Follow on Twitter logo @Dfeeney31 and @running_geek

Speed and agility testing in the BOA Performance Fit Lab

私たちのチームは、BOフィットシステムの構成がアスリートのパフォーマンスにどのように有意義な影響を与えるかを科学的に検証することに専念しています。私たちは数年前、靴のフィット感を根本的に変えることでアスリートのパフォーマンスを有意義に向上させることができるという仮説から始めました。最近発表された論文「敏捷性に基づく動作における代替シューズアッパー構成:パート1 生体力学的パフォーマンスの変化」は、この仮説を裏付ける証拠を備えた最初の科学的に査読された論文です。

過去10年間のほとんどの靴の研究は、ミッドソールとアウトソールの特性に焦点を当ててきました。たとえば、フォームの特性、かかとからつま先までの落下、トラクションなどです。これまで、靴のアッパーのフィット感がパフォーマンスにどのように影響するかを理解することを目的とした研究はほとんどありませんでした。最近公開された研究結果では、パフォーマンスフィット構成はアスリートの敏捷性とスピードを向上させることができることを証明しました。デンバー大学のヒューマンダイナミクス研究所と協力して、方向転換が必要なスポーツに参加した31人のハイレベルなクラブアスリートとNCAAデヴィジョン1のアスリートを募集しました。
ラボに集められたアスリートは、体全体の主要な関節と部位に反射マーカーを装着し(下の写真)、4つの運動(反復垂直跳び、反復スケータージャンプ、前方後方切り返し走、トライアングルドロップステップ)を実行するよう依頼。アスリートは、感圧プレート上で可能な限り迅速かつ強力に方向転換してもらいました。これにより、被験者が方向を変える際に発生する以下の6つの主要なパフォーマンス変数を計測できました。
1) 方向転換時間 2) 減速時の筋力立ち上がり率 3) 加速時の力の筋力立ち上がり率 4) 重心力 5) 減速時仕事量 6) 運動の推進段階中の仕事量

Speed and agility testing in the BOA Performance Fit Lab

私たちが試作したトライパネル(三面)構成とYラップ構成は、テストされた動きと変数に応じて、アスリートのパフォーマンスを3〜9%向上させました。 さらに、レースリプレースメント(従来の靴ひもをBOAに置き換えたもの)構成でも、いくつかの変数において、従来の靴ひもに比べてパフォーマンスが向上しました。

この研究の発表には、2つの主要な意味があります。1つは、BOAの構成がアスリートのパフォーマンスを向上させることを示し、2つ目は、開発中の製品をテストするためにこれらの同じ動きを使用できるように、テストアプローチを検証したことです。

 論文を読む

WHY FIT MATTERS

Get caught up on all the latest info and news coming out of the BOA Performance Fit Lab.

BOA in workwear

WORKWEAR

DOES THE FIT OF FOOTWEAR MATTER FOR PERFORMANCE?

DAN FEENEY & KATE HARRISON

9.29.21

What makes a great trail runner?

RUNNING

What Makes a Runner Great on Trails?

DAN FEENEY & KATE HARRISON

8.4.21

How much of an advantage should athletic equipment provide before it is banned?

THE SCIENCE OF FIT

How much of an advantage should athletic equipment provide before it is banned?

DAN FEENEY & KATE HARRISON

7.20.21

BOA PFL Mid Year Review

THE SCIENCE OF FIT

What has BOA's Performance Fit Lab achieved in 2021?

DAN FEENEY & KATE HARRISON

7.2.21