Skip to main content
Begin main content

 

 

サイクリング界にインパクトを

BOA Pioneer Payson McElveen
マウンテンバイクのクロスカントリー・マラソンのライダー
2017年 — USAサイクリングマラソン マウンテンバイク全米選手権で1位

 

 

 

  • cycling

サイクリング耐久レースのプロサイクリスト、ペイソン・マカルベンは真のパイオニアです。アスリートとしての自らの功績をさらに上回るインパクトをサイクリング界に残したいという使命を掲げ、努力を重ねています。

 

Shop Payson's MTB Shoe 


Payson McElveen Portrait

ペイソン・マカルベンは何度も古い慣習を破ってきました。大学最後の年までにクロスカントリーでささやかな成功を何度か経験しましたが、他のサイクリスト達が目指すワールドカップやオリンピックへの道に進むことには全く関心がありませんでした。ちょうどその頃、ペイソンはモンゴル全土にまたがる6ステージのレースに招待されました。これは願ってもないチャンスでした。 「このレースに参加するために貯金のほぼ全てを使うことを決心しました。レースはすごく冒険的でストーリー的にも素晴らしかった。でもそれだけじゃなく、これまで慣れ親しんでいたクロスカントリーのレースより、もっと長距離のこういうスタイルのレースに自分が向いていることに気付かされたのです。この道を選んだのは、自分の人生における最高の決断の一つです。今の自分があるのはこの時の決断のお陰です」(ペイソン)

ペイソンは2012年に、耐久マウンテンバイクの本場に身を置くために、生まれ育ったテキサスを離れコロラド州ドゥランゴに移住しました。そこではレースのためのトレーニングに多くの時間を費やし(週に20〜30時間)、ドゥランゴ近辺のプロのアスリート達と共にトレーニングすることもよくありました。 「僕らは仲が良く、変な競争意識なんてありません。一緒にトレーニングしてお互いを高め合いたいだけの仲間なんです」 (ペイソン)

しかし、競争仲間との間に仲間意識があるからといって勝ちたい気持ちがなくなるわけではありません。外界を遮断して全てを賭けて集中することでさらに強くなれるとペイソンは言います。 「僕はサバイバーなんです。レースが辛くて厳しいほど、そして大抵の場合、長いレースほど僕に向いています。僕はグループの中で、必ずしも肉体的能力が最も優れているわけではありませんが、他の人とは忍耐力が違います」(ペイソン)

Payson McElveen racing in Bentonville, Arkansas

僕はグループの中で、必ずしも肉体的能力が最も優れているわけではありませんが、他の人とは忍耐力が違います」(ペイソン)

Payson McElveen making a pit stop

ペイソンのアスリートとしての功績は素晴らしいものですが、彼のサイクリング界への影響は多面的です。2019年には「ジ・アドベンチャー・スターシュ」というポッドキャスト(彼の冒険への強い思いとトレードマークの口髭にちなんで名付けられたもの)を開始し、プロのアスリートと率直で台本なしの会話を繰り広げています。今ではこのポッドキャストは大人気です。しかし、これはペイソンが今後取り組んでいきたい多くの目標の1つに過ぎません。 「大きな見返りのある事は何でも多くの労力が必要となり得ますし、将来のためには目標に向かって突き進むのがベストです。とにかく重要なのは『今すぐやる』こと」(ペイソン)

では、非常に長い目標リストの中で、次の目標とは?ペイソンは自転車とトレイルで世界を発見するつもりです。つい最近、彼は近年マウンテンバイクのトップデスティネーションとなっているアーカンソー州ベントンビルに行ってきました。比較的無名だったベントンビルが、なぜそれほど人気があるのかを知るためです。ベントンビルでは、142マイル(約230 km)もの「トレイル チャレンジ」コースを自らデザインし、1日で走破しました。こういう体験が彼を奮い立たせ、小規模レースイベントへの出場を減らして情熱を注げるプロジェクトにより多くの時間を割こうという気持ちにさせるのです。

Payson McElveen on a night ride

一流のアスリートが冒険のためにトロフィーを諦めることを疑問視する人もいるかも知れませんが、こういった選択がペイソンを本当のパイオニアたるものとしているのです。 「これまでのキャリアで、何度も慣習を破ってきました。それは時には怖いと感じますが、安全策に甘んじて後で後悔するほど怖いことはありません」(ペイソン)

「大きな見返りのある事は何でも多くの労力が必要となり得ますし、将来のためには目標に向かって突き進むのがベストです。とにかく重要なのは『今すぐやる』こと」(ペイソン)

Clear box

バイク用品

Bontrager XXX MTB

Explore

Bontrager
XXX MTB

ペイソンはトレイル走行時、ゾーン別の微調節が可能な高性能フィットを求めて、最速・最先端のBontrager製マウンテンバイクシューズを着用します。

Wolverine I-90 EXP BOA

Explore

Wolverine
I-90 EPX BOA

Wolverine i-90 EPX BOAは足にぴったりフィットし、耐久性のあるプロテクションを提供します。ペイソンが家のリフォームなどを行う際に安全性と集中力を確保できるように選ぶシューズです。

Recoup Cryosleeve

Explore

Recoup
Cryosleeve

ペイソンは厳しいトレーニングの後、BOA搭載のRecoup Cryosleeveで疲れを癒します。Recoup Cryosleeveは革新的な単体スリーブで、360° の冷却機能と圧迫機能を一体化。寒冷療法や回復の定義を一新させます。